2013年3月15日金曜日

entakun v1.1 リリース

こんばんわ。プログラム担当のにっくるです。

本日、entakun v1.1をリリースしました!
細かい改善がいろいろ入っています。一通りご紹介していきますね。


印刷時のレイアウトを改善しました

ゴミ箱などいらないものが非表示になり、情報量が増えて見やすくなりました。





新しい付箋が上に追加されるように変更しました

付箋が多いと、追加した付箋がかなり下の方に出てきて、
コメントを入力するのが手間でした。これが改善されました。





完了した付箋も、最近完了したものが上に来るようにしました

最近終わったタスクを振り返るとき、一番下までスクロールするのが手間でした。
間違って完了にしたものを復活するときも同様でした。
これでスクロールの回数が減ったと思います。





付箋の色を、色弱の人が区別しやすいように調整しました

以前よりもはっきりした色に調整しました。
デザイナのhakamaさんが、詳しい話をブログに書いてくれました。





付箋の開閉時にスライドアニメを入れました

すべて開く・閉じるボタンを押したときに、
一気に画面が変わって付箋を見失うことがありましたが、それが軽減されました。







URLの一部が切り捨てられると、誤ったリンク先になるのを修正しました

 

タスクを開いてから編集して閉じると、開いているのに1行しか表示されなくなるのを修正しました

 

チュートリアル画面の横幅を狭めて、画面に収まりやすいようにしました



v1.1は初公開から結構時間が経ってしまいましたが、
この先しばらくはマメにリリースしていきたいと思います。

あなたの意見も採用されるかも?
要望や気になる点がありましたら、 @nicklegr か 下記のアドレスまでお気軽にどうぞ!


2013年3月14日木曜日

色弱対応しました


entakunをリリースして、3ヶ月が過ぎました。

開発チーム(二人だけど)では、
そろそろ次のバージョンアップに向けて動き始めています。


この数ヶ月で、entakunを使って頂いている方から、いくつかご提案を頂いています。

その中で、一番衝撃だった問題。


それは・・・



色の違いが見えないんですけど。





「色」というのは、デジタル付箋の背景の色のことです。

entakunでは、付箋の分類を助ける狙いで、それぞれに色をつけることが出来ます。


今回使って頂いた方の中に、
色弱の方がいて「色の違いが見えない」と教えてくれたのでした。



配色は、私(hakama)が決めたのですが、正直、完全に忘れていて、
全く対応していませんでした。


これは是非とも対応したいので、次のバージョンアップに向けて調整を始めました。



調査開始



まず、色弱の方がどう見えているのか?

早速、フリーの色弱ソフトを落としてきてシミュレーションをしてみると・・・




げっ!


ほとんど黄かグレーに見える。





ちゃんと並べてみて見ると、問題が明らかに。

どうも色弱の人は、イエロー系かブルー系の二系統の色で世界が見えているようです。



上の色で特に酷いのは、鮮やかな緑。

完全に色味を失って、薄い黄色かグレーに見えてしまいます。

あらら。



色の調整開始



まず、第一弾の調整。

色弱ソフトの見え方を参考に、全体的に色を濃くしてみました。




まあ、この方向性で良さそう、と思ったものの、

リンクの青い文字と紫が重なると、リンクの文字が全く見えないという問題が発生。




めげずに、第二弾の調整。

リンクの色と背景の「色の濃さ」に差を出してみました。


加えて、背景が濃すぎると使いにくくなってしまうので、ちょっと薄めにもどしつつ、

以前のバージョンの色を活かしながら、微調整をしました。



並べてみて、もう一度確認。



(大丈夫だよね?)




未対応の色と比べると、格段に良くなったのではないかと思います。

今回の色弱対応で掴んだコツとしては、


 ・色弱の見え方で、イエロー系とブルー系に2つに分けて考える。

 ・上記の2つの色の濃さと鮮やかさで差を作る。(それぞれ3種類は作れそう)




最後に、お世話になったフリーソフトを紹介します。


 ColorAccess



プリントスクリーンのような要領で使える、シンプルな色弱確認ツールです。

第一色盲と第二色盲に対応。Win版のみ。


 ・作者:suginyさん

 ・http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se292407.html






今後も、開発中の色々な試行錯誤など、書いてゆきたいなと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。


2012年12月23日日曜日

その他の機能


「entakunの使い方」の続きの記事です。

まだまだたくさんの機能がありますので、一つずつご紹介したいと思います。



パレット


画面の左端に、7色の四角形が縦に並んでいます。

これがパレットです。


パレットの機能を使うと、デジタル付箋とメンバーに対して色を塗ることが出来ます。

まずはパレットの任意の色を選択。マウスカーソルがブラシの形になります。

その状態で、デジタル付箋やメンバーを選択すると、その色に染まります。






余談ですが、色をつけると付箋ぽさがUPします。




色をつけることで、タスクの優先順位を決めたりすることもできます。

ブレストで出た素晴らしいアイディアをマーキングするのも良いでしょう。







また、色づけはメンバーに対しても行えます。

メンバーにタスクを割り振る場合、メンバーとタスクの色を揃えておくことで、
「タスクを予約する」ような意味合いを醸し出すことができます。






デジタル付箋の編集


作ったデジタル付箋を編集することが出来ます。

デジタル付箋の一番右に表示される鉛筆ボタンを選択。




編集モードに入ります。


タスクの補足情報などを書き込みます。





書き込んだ内容を保存するには「OK」ボタンを押してください。


ちなみに Control + Enter で、わざわざ「OK」ボタンを押さずに編集を完了できます。


編集をなかったことにするには、キャンセルを押してください。




もし、デジタル付箋を完全に削除したい場合は、左上の×ボタンを押します。

消してしまった付箋は二度と復活が出来ないので気をつけてください。




デジタル付箋の詳細を確認する


たくさんの内容をデジタル付箋に書き入れた場合も、通常は1行で表示されます。




すべての内容を確認したいときは、デジタル付箋をクリックしてください。

付箋がすべての内容を表示できるサイズまで大きくなります。




もう一度、付箋をクリックすると、もとのコンパクトな状態に戻ります。



「ひらく」&「とじる」ボタン


一度に全てのデジタル付箋を広げたいときに便利な機能があります。

画面左下に現れる「ひらく」ボタンを押すと全ての付箋が開きます。



1つでも開いている場合は「とじる」ボタンになります。

選択すると全てのデジタル付箋が閉じます。



なお、「ひらく」&「とじる」ボタンは、
1行で収まりきらないタスクがあるときのみに表示されます。



メンバーの削除


メンバーを削除したい場合は、編集モードから消すことが出来ます。

左側に現れた×ボタンを押すと削除されます。






フォロー機能


メンバーの横に「フォローを追加」というボタンがあるのにお気づきですか?

フォローは他のentakunのメンバーの今取り組んでいるタスクが表示され、
なんとなく相手の気配を感じることができるソーシャルっぽい機能です。

設定はフォローしたい相手のentakunのURLを入れ「送信」ボタンを押します。





指定したentakun内のメンバーが表示されます。

フォローしたいメンバーを選択し「フォロー」を押します。





これで設定は完了です。フォローした人がメンバーの下に追加されます。




このように直接は関係のない人の様子がなんとなく分かります。

ちなみにフォローの情報はCookieに保存されています。

もしフォローを削除したい場合は、右に表示される×ボタンを押してください。






TOPボタン


画面の左上に配置されているentakunのシンボルアイコンです。

このボタンを押すとentakunのトップページに移動します。



操作方法を調べたり、新しいentakunを作成する際に便利です。



チュートリアルボタン


画面の右上に配置されている「?」のアイコンです。

このボタンを押すと、簡単なチュートリアルが表示されます。



もしかしたら、このページをご覧の皆様には必要ない内容かも知れません。






その他の機能の紹介はこれで終わりです。

長文にもかかわらずお付き合いいただき、ありがとうございました。


2012年12月22日土曜日

こんな使い方も?(その1)


こんな使い方もあるよ!

entakunの活用方法をご紹介します。


文化祭で使ってみる


とある大学のサークルがやきとり屋の模擬店を出すことになりました。



<画像をクリックで拡大>



作業班ごとに色を決めて、タスクを分類しているようです。






下のオレンジ色の付箋を見てください。

作業の締め切りの線として活用しているようです。





社内のミーティングで使ってみる


どこかの会社が新しくホームページを作ろうとしているようです。

早速、プログラマー、デザイナー、プランナーが集められチームが作られました。



画像をクリックで拡大>



ノートPCがあればミーティング中に決まった内容をその場で書き込むことが出来ます。

やることが決まった仕様も、簡単にデジタル付箋でまとめます。




少人数、短期間のプロジェクトでは、このくらいのシンプルなタスク管理が丁度良いのではと思います。



次々と新しいentakunを作ることが出来ます。

このチームではミーティングの度に新しいentakunを作っているようです。

entakunのタイトルがミーティングの名前になっています。

このentakunのURLを使って、社内wikiからリンクを貼ることもできます。






自分用タスクリストとして使ってみる


他の人と一緒に使うことをウリにしているentakunですが、一人でも使えます。



画像をクリックで拡大>



一人で使っているので、メンバーに割り当てる機能は必要ありません。

そこで、メンバーの枠を「それぞれの色の説明」として使っているようです。





entakunには時間を設定してお知らせする機能がありません。

お手軽さとのバランスを考えて、あえて時間の設定は入れないことにしているのですが、
一方で、正確な時間を書き込みたいという要望もあると思います。

そんなときはデジタル付箋の文頭に、予定の時間を書いてください。

これで乗り切れるはずです!





いろんな使い方 募集中


今回、ご紹介した活用法は、あくまで開発者が考えた想像です。

entakunがどのように使われているのだろうというのは、とても気になっています。

こんな使い方をしたらとても便利だった!という発見があった方は教えてください。

是非ともこのブログでご紹介したいと思います。


entakunの使い方


はじめに


entakunは少人数のプロジェクトのために開発された
シンプルなタスク管理ツールです。

円卓を囲み、顔を合わせて一緒に作業できるような空間をwebを使って作りたい!

…と思ったのが作り始めたきっかけです。



始め方


entakun.coへ移動します。

「新しくentakunを始める」を選ぶと新しくentakunが作られます。




面倒な事前の登録、ログインはいりません。



entakunのURL


entakunのURL欄には複雑な記号が並んでいます。

新しいentakunが作られる度にこの複雑なURLも作られます。




entakunにはログインがないので、他の人にURLを推測されないように、このようになっています。

URLのメモをなくしたり、ブックマークし忘れたりすると、
行方不明になるので気をつけてください。

また、URLを知っている人は誰でもentakunを編集できます。
一緒に編集する人以外には漏らさないように、気をつけてください。



動作環境


PC環境で使ってください。

ドラッグ&ドロップが使えるマウス等のデバイスが必要です。

スマートフォンでの動作は検討していますが、今はできません。



デジタル付箋について


entakunで扱うそれぞれのタスクは「デジタル付箋」と呼ぶことにします。

タスクを書き入れるだけでなく、実際の付箋のように使い方を柔軟に考えたいという思いで、こんな名前をつけました。




ちょっと長いので「デフセ」とか「デジフセ」などの略称も検討中です。



画面の見方


これがentakunの画面です。


1、入力枠  2、ストック枠  3、わりあて枠  4、ゴミ箱



操作の流れ


entakunは他の重厚長大なタスク管理ツールと異なり、
使用者の工夫次第でいろいろな使い方が出来るのが特徴です。

ですが、ここでは開発者が考える一番ベーシックな使い方を紹介させてください。



1、デジタル付箋の作成


まずは、入力枠に何か書いてみましょう。

内容に納得したらEnterボタン。新しくデジタル付箋が作られます。




そのままの状態で次の内容を入力することも出来ます。

かなりサクサク追加できるので是非試してみてください。



2、メンバーの作成


「わりあて枠」に一緒に作業するメンバーを新しく追加します。

メンバーボタンを選択。そこで一緒に作業する人の名前を入れます。





もとからある担当者1の名前を自分の名前に変えてみましょう。

担当者1の鉛筆アイコンを選択。自分の名前に書き換えてEnterボタン。







3、メンバーにタスクを貼付ける


作成したデジタル付箋をメンバーに貼付けてみましょう。

デジタル付箋をドラッグ&ドロップで移動します。







このチームではメンバーに貼付けられたタスクは、現在作業中という意味で使います。

このようなルールをもうけることで誰がどんな作業をしているのかという情報がメンバー内で共有できます。



4、終わったタスクはゴミ箱へ


この操作もドラッグ&ドロップで行います。

ゴミ箱アイコンにデジタル付箋が重なるように移動させましょう。




お疲れさまでした。



もし、完了したタスクを見たいときは「完了を表示」にチェック。


今までゴミ箱に移動したデジタル付箋を確認することが出来ます。






完了にした日にち順に上から並んでいます。



間違ってゴミ箱に捨ててしまっても、復活できるので安心してください。

「完了を表示」モードではゴミ箱のアイコンがリサイクルアイコンに変わります。

そのリサイクルアイコンに一度完了にしたデジタル付箋を重ねると復活します。








以上で基本的な使い方の説明は終わりです。

entakunには、まだご紹介していない機能があります。

ご興味がある方は、あわせて「その他の機能」をご覧ください。